ヒザが壊れました!

a0105346_14571982.jpg
先週末は「父の日」で天塩川のソロ釣行を目論んでいましたが、
相方が同行を希望したので、二人と一匹での釣行。
途中、多寄の「そば淳真」に寄ったりし、いつの間にか、釣行は二の次に。
a0105346_15045147.jpg
キャンプ場に早めに入り、夕食・温泉・焚火を堪能。
翌朝はゆっくりキャンプ場の木立の中で朝食を済ませ、いざポントへ。
相方は車中で内田康夫のミステリーに夢中。
帰路は旭川「山頭火本店」、深川道の駅でお土産と
「父の日」か「妻の日」か?

今週こそは釣行をと思っていましたが、水曜日仕事帰りに
「ヒザが壊れ!」脂汗を額から流しながら、地下鉄・JRを乗り継ぎ
1時間が3時間位に感じて自宅着。
翌日は整形外科病院で診察。お医者さん曰く、「変形性膝関節症の初期」で
ヒザが腫れれているので水を抜きます。と注射器で80CC位抜き、
飲み薬を頂き、週末は自宅養生中・・・
a0105346_14573320.jpg
でも、日曜日はリハビリを兼ねて札幌の「テムズ」へ、フライマテリアルなど小物を購入し、
フライ釣行準備万端(以前から準備万端ではありますが・・・)。
あとは自分のヒザと相談です。







[PR]

# by gamuriver | 2018-06-24 15:35 | その他 | Comments(4)  

DRYで6月スタート

a0105346_22533527.jpg
毎年恒例のシングルロッドでの道北渓流でのDRY-FLY。
今年は6月最初の週末になりました。
前日までに気温が一転し、エゾ春セミが太陽の日差しを謳歌している様な
道北のとある渓流。
最初に入渓予定は仲間内では「看板下」のポイント。
ベースCAMP場に荷物を下ろし、先行者居ずポイントの駐車スペースが空いていることを
期待しつつ、同行者I氏と向かう。
a0105346_23042048.jpg
初日、唯一タランチュラFLYに反応してくれた彼?
  ロッド:SAGE 9.0F、#6
  リール:J.RYALL
  FLY:タランチュラ#4
a0105346_22583569.jpg
翌朝も相変わらず綺麗なオホーツクの朝日でベースCAMP場の
ツリーもなぜかオブジェに見えたりして、、、
午前部も前日の渓流へ
a0105346_23010799.jpg
I氏の円山橋下でのヒットシーン。
昨日の私の彼?よりビックでした。

午後からは先週の湧別川で「柳の下のどじょう」
よろしく向かいましたが、濁りが回復されてなく
早めのご帰還。
それでも、DRYでの釣行これからまだまだです。


[PR]

# by gamuriver | 2018-06-06 23:39 | 虹鱒 | Comments(2)  

Tulipで Cherry Salmon

a0105346_11132635.jpg
いよいよ本流の釣りスタート。今回は北の本流で一番「雪代」の影響が少ないであろう
「Tulip River」に決め、浮島峠を越えたが、
沢には残雪があちらこちらに点在。
最初のポイントに着いたら、思ったより抹茶オーレカラー!!
それでも、フライを流し、彼らに気づいてもらえる様に丁寧に
アプローチを続けるもノーコンタクト。
a0105346_11163868.jpg
相方のオニギリとカップ麺を河原で流れを見ながら遅めの昼食。
次のポイントへ移動し対岸のルアーマンがネットインしてたので
俄然、彼らの存在を確信しフライをスイング。」
a0105346_11135807.jpg
イメージ通り来ました!! 久々のアタリの為、少々遊んでしまいネットインする寸前
顔をみて「サクラ?」と思った瞬間!アディオス。
飛行場?へ移動し丁寧にスペイを楽しでたら、ヒット!
今回は大切にランディング。
a0105346_11154421.jpg
綺麗な「Cherry Salmon」。記念写真後速やかにリリース。

a0105346_11171651.jpg

   ロッド:13F、#7/8
   ライン:SKAGIT COMPACT450gr、TIP-T11
   フライ:チューブ黒/赤 
自宅をスタート時は一泊も考えましたが、「雪代」の中での釣果に満足。
「Tulip Fair」を横目に日帰り帰宅。



[PR]

# by gamuriver | 2018-05-27 11:50 | 虹鱒 | Comments(2)  

満水の朱鞠内湖

a0105346_23115829.jpg
勤務シフト作成の先月末にはGW明けの12日は朱鞠内湖へイトウ釣りにと計画を立て、
日々公式ウエブサイトの情報を確認しつつ想いをはせていた所、金曜日に急遽残業発生!!
当初目論んでいた金曜日深夜特急便での国道275号線200㎞北上。土曜日朝5時渡船は儚くもオジャン。
a0105346_23122374.jpg
予定変更を余儀なくされたので、そこは前向きに日曜日朝の渡船にシフトし
土曜日の朝のカイの散歩を済ませ9時自宅出発し、久々に275号線の日中の景色を堪能しながら北上し13時到着。
「日釣遊漁承認証」を購入し、駐車場で湖面を見ながらの昼食・コーヒータイム。
その後、前浜へ移動し本日のスタートは前浜と決めロッドを振る。
GW明け前浜で80㎝位も釣れているとの情報で少々本気モード。
途中コーヒータイムも取り、渡船MAXの釣り人を迎えの船が出航する18時過ぎまで前浜で粘りましたがお魚からに反応もなく、
また、濁りもキツイせいかワカサギの群れも見ることはありませんでした。
ネオプレーンのウエダーでの膝上まで浸かっていたので日向温泉で身体を温め朱鞠内湖に戻り車中泊。
最初の写真は日曜日渡船5時少々前の日の出。本日も渡船は昨日と同じ30名。
今日は天気予報では曇/雨。朝日が見れて気持ちよく渡船に乗り込み北大島で降りたのは、
私も含め4名。やはり満水状態で水面はモスグリーン色で鏡状態。
a0105346_23130707.jpg
それでも、湖面がさざ波立事を期待しつつ島内を北へ南へ
a0105346_23133790.jpg
目標はこれではないのですが、今年に入ってお魚の写真がないので・・・その後も2度ほど同じアタリで残念。
ロッドが90㎝を想定してのセッティング。
それにしても、何故かイトウはダブルハンドのオーバーヘッドをセレクトしてしまう自分がいます。
湖面の濁りがきつく、澄んだ所や、ワカサギの群れが岸よりしてないか注意して見てましたが・・・
10匹位の群れを2チームしか見つけれませんでした。
a0105346_23142624.jpg
a0105346_23150120.jpg
天気予報と通り午前9時前から雨が降り出し、近くでエゾシカの甲高い「ピャツ、ピャツ!」の鳴き声が
静寂な湖に響き渡って何だかいい予感がし、その中でももくもく湖面に立つ倒木に成りきり、
水面下の倒木にフライをロストしBOXの中が寂しくなっても、過去の経験で白ゾンカーも試したり
カウントダウンも変えたり試行錯誤し午後2時の渡船の迎えまで昨日から数えてゆうに12時間
何回キャスト・リトリーブを繰り返したことか?体力・気力MAXの朱鞠内湖でした。
a0105346_23153925.jpg
迎えの渡船で前浜へ着いて振り返ると、朝の出航の際の日の出とは打って変わって神秘の湖でした。
今回は残念でしたが僕の期待していた朱鞠内湖のイトウとの出会いには恵まれませんでしたが、
3匹のアメマスが顔を出してくれたので次回に期待です。





[PR]

# by gamuriver | 2018-05-15 00:22 | イトウ | Comments(0)  

G.W.なか日の朝散歩

a0105346_10284055.jpg
G.Wも仕事があるので休日は自宅でまったり・・・カイと朝の散歩です。
[PR]

# by gamuriver | 2018-05-02 10:32 | ファミリー | Comments(0)